2010年10月25日

生活向上週間

ブルキナでは2ヶ月あまり続いた雨季が終わり、蚊が減ったのはいいが強い風 が吹くと家の中に土埃が充満するという嬉しくない時期に突入(これでも 今は 良い方ならしいですが)いつの間にか到着から5ヶ月くらい経とうとしている今 日この頃。

そんななか、今更感もありつつ、何故か先週から、思い立って色々と便利度合い を上げる為に動いている。
仕事も押してはいるんだけど、特に家のネット環境がいいと家で仕事するにも便 利になるので。

まずはインターネット。今までUSB経由の無線ネット(公称128KB/secだけど、 実測10分の1くらい)と、後は職場のネットなどを利用し てましたが、やっぱ り必要だろうって事で。このネットの使い道っていうのが動画ダウンロードした いなとかそういうことなんだけど、まぁそういう楽 しみでも無いと本当に厳し い時もあるからしょうがない。
月曜に申し込んで水曜に技師さんが来て、来週には連絡が来るらしく、最終的に いつ開設されるのか分からないけど、あと2週間以内くらいで開設して くれた ら嬉しいなと。

+++++

そしてテレビ。引っ越した直後に衛星放送を導入しては居たのだけど、
前に住んでいた人が使っていたものをそのまま使っていたらアンテナディッシュ から電波を受ける部分の蓋が壊れており、
ハチが巣を作り出し、ほぼ見れない状況になってしまったのが8月頭。一度蜂の 巣を取ったけどまたすぐに見れなくなって、後から確かめたら更に巨大 な巣が 作られていた。違うケーブルテレビの方が料金もお得だったから、そのうちそち らに乗り換えようかなと思っていたのでそのままにしていたのだ が、受信機が 品切れという事で断念。(というよりも、何度もXX日に来るからと言われてかれ これ2ヶ月くらい待っていたけど確かめに行くたびに延 期されてもう嫌になっ た。)

衛星放送の方が受信料を払っていたのが9月まで。でも無料でも見れるチャンネ ルはあって、地上波よりも質が高く、かなり満足できる内容なのでそち らだけ でも。ってことで、2ヶ月あまり放置しておいたアンテナの修理をお願いした。
やってみたらあっという間(とは言え、半日くらいは使ったけど)に、私が働い ている間に運転手にお金を渡してお願い出来たので、もっと早いうちに 手をつ けとけば良かった。と多少後悔。

なので今、TV5とfrance24とあとはローカル放送が見れます。

ところで、金曜日の夜に帰宅してテレビを見ていたところ、9月末まで支払って いた契約のまま有料放送(日本のホテルとかにある有料放送ではないで すよ。 念のため。)のチャンネルが見れた!
どこまでのんびりしてるんだろうと思って見ていたら、夜10時頃になって突然見 られなくなってしまった。(いや、見られない状況が当然なのでいい んだけ ど)タイミング、悪かったな。。。

そういえば、冒頭に書いた無線のインターネットも、料金を支払った分より20日 分くらい長く使えたのでそのまま継続してたらいつの間にか使えなく なったり したので、きちんと管理されているようである程度あそびがあるというのがこの 国の常識なのかも知れない。

+++++

食生活の方では、日本から持ってきたもの、送ったものに手をつけるのが勿体な いし無くなるのが何となく不安でなんだか大事に取っていたんだけれど も(特 定のものだけはあっという間に無くなってしまった)せっかくあるものを消費し ないのもばからしいので、手始めにそうめんとそばをいただい た。
日本だとめんつゆを瓶で買って使ってたけど、昆布と鰹で出汁を取って、一番出 汁は出汁として使う用に、その残り少量に鰹節と醬油、ワイン、砂糖な どを加 えて適当に作ってみたら結構美味しいめんつゆが完成。それに練り梅とわさびを 入れて食した。
そばはパリで買ってきた韓国食材店の安いヤツだったけど、全然問題なく美味し く食べられた。あー、パリにたまに食材買い出しに行けたらいいのに。


他には、あまりにも伸びて分量が多くなってしまった髪の毛を、少しでも量を減 らしたくなって自分で切ってみたのだが。
協力隊の時には空き(スキバサミのスキってこれでいいのだろうか?)ばさみや 散髪用カミソリなど小道具を持ってたけど今は無し。
なんで、普通のはさみでバッツリと、かなり目分量、太い束毎に切ってみたら、 あまり出来が良くなく仕上がりました。とほほ。
結果的には髪の毛をあらうときに必要なシャンプーの量は結構減ったし、結べず に落ちてきてしまう髪の毛もそれほど邪魔にならない長さを保てている のでい いかな。

+++++

巷では、アップル社が11inchのノートパソコンを出したり(かなり惹かれる)、 ツールドファソなるイベントが開催されていたり(ツールドフラ ンスのブルキ ナバージョン)、仏語圏サミットなるものがあったりしているようですが、大分 引きこもり度を上げながら元気にやってます。
posted by おおゆき at 06:39| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

生存確認

みなさんこんにちは。
ここをみて下さっている方が何人いらっしゃるか知りませんが、
大分放っておいてしまいました。。。すみません。

前回の投稿のあと、
大量の出張者受け入れ、会議の開催、自分の出張、などと忙しくしている間に、10月も中旬になってしまいました。

日本は食欲の秋ですね。こちらは、大分暑い日々が続いています。
でも、野菜の種類が豊富にあるし、流通している量も多いので
ある意味食欲の秋なのかも知れないデス。

まぁそんなかんじで、元気にやってます。
posted by おおゆき at 04:10| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

カルシウム不足?

先日、休暇帰りの方がお刺身を調達してくれて、
ずーっと食べたかった茶碗蒸しを作ってみた。(写真無し)
それで使ったサヤインゲンとマッシュルームの残りを利用して、
キッシュもどきを作った。
(クックパッドで探したレシピで、タルトにしないので非常に簡単に作れました)

タルト無しキッシュとパン、ピンぼけでわかりずらい。。。


+++++

本題。

最近、怒ってもしょうがないことでイラッとすることが多く、カルシウム不足かと思ったけれども、
そもそも毎日ヨーグルトも牛乳もとっているのでそんな事もなさそう。

恐らく、体は慣れていたけど、心構えがこっち仕様になっていないのかも知れない。
ちょっと気持ちを落ち着けないと。

でも。
正直、ブルキナベ達が話すフランス語はフランス人の話すそれとは
似ても似つかないというか、発音といい、言い回しといい、大分違う部分が多い。

それは当然のことだし、ここで働く以上慣れないといけないし現地の人に分かってもらえるようにしゃべれないといけないのはしょうがないということは承知しているのだが。
ドライバーに発音を修正されたりすると、ちょっとイラッとしてしまうことも多い。

相手の発音が正しいとは思えない時、余計にそう思う。

あと、なんていうか。ネイティブだったらちょっと違っていても理解してくれる部分でも、彼らはかたくなに自分達と違う言い方は受け入れないようなところがあり(ウガンダで話していた英語もそうだった)、その無駄な頑固さにイラッとくる。

そもそも、フランス語の発音はちょっと面倒な部分があり、
基本的に単語の最後にくる子音は発音されないけれど、次にくる単語が母音で始まる場合は発音しなければならない。

例えば、
数字の2:deux{ドゥ}。これの後にheure[ウーる]がくると
deux heure[ドゥーズーる]
みたいなことになる。

またやっかいなことに、数字の12はdouze[ドゥーズ]と発音されるため、
12時も2時も似た発音(私にとってはほぼ同じ)になるのだ。


昨日の夜、まさに「2」と「12」の発音でちょっとした口論になってしまい、疲れ倍増、日本語で結構ひどいことを言ってしまった。(相手は分かっていないけれども。)


「明日の12:40に家に来てね。」
という事をいいたかっただけなんだけど運転手が12時を2時(つまり、14時)と聞き間違え続けて、恐らく、気付くまでに5,6分は口論というか、ちょっと険悪な雰囲気になってしまった。

会話の流れとしては、

私:明日、XXに行きたいんだけど、家から何分くらいかかるの?
運転手:20分くらいかな。
私:13時に待ち合わせしてるから、12時40分頃までには家に来てね。
運転手:それじゃ、待ち合わせに間に合わない。待ち合わせより後に家に行ってどうするんだ?
私:なに言ってるの?いま、20分で行けるって言ったじゃん。13時に待ち合わせだから、20分前の12時40分に来てよ。
運転手:おまえこそなに言ってんの?
ーーー無限ループーーー

みたいな感じ。
運転手は私が12時と言っているのをずっと2時(午後の)という風に聞き取っていた為に、お互いに「おまえは馬鹿か」という感じで言い合ってしまった。
私も、普段だったら相手の勘違いにもう少し早く気付けたはずなんだけど。。。まあ私の発音も悪いんだろうけどねぇ。

そもそも、私は普段午後の時間をいう時は24時制で言うし、運転手への指示も必ず24時制で言っていた。
その上、話の流れからも、13時の20分前、だから12時40分という風に何度も繰り返した。
どんなに私の発音が悪いにしても、文脈から分かっても良さそうなものだ。
なんていうか、そういう、ちょっとした発音の違いに対する柔軟性が全く無く、たまに昨日のようなことがあるとすごく疲れる。


発音に関してだけではなく、「あんた本当に機転がきかないね。。。」っていうことが多すぎて(これは運転手に限ったことではなくてお店でも、レストランでも、いろいろなやりとりの中でも。)特に自分が疲れてる時にはイラッとしてしまう。

「機転が利かない」点に関しては自分の事を棚に上げている気もするがそれはそれで。


+++++

余談ですが、こちらで手に入る牛乳は、地元の牛乳売り場で購入するか、スーパーで売っているロングライフ牛乳を購入するか。地元のお店は生活圏の中に無いし、何となく不安なのでスーパーで購入する。

フランス製の牛乳。一パック200円ほど。

このロングライフ牛乳、ウガンダに居た時もたまに飲んでたけど、保存期間が数ヶ月(半年くらい)ある牛乳。

例えば、この牛乳の消費期限は今年の12月14日。

(フランス式だと 日/月/年 の順で標記)

 最初は大分違和感があったけど、大分慣れた。

しかし、これ飲むとお腹にくるため、あまり多くは摂取できない。
だからやっぱり、カルシウムきちんと摂れてないのかなぁ。。。うぅーん。。。

何にしても、ココにあるもので健康な食事を取れるよう工夫しないといけないですね。
posted by おおゆき at 03:35| Comment(2) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

コーヒータイム

今朝起きて、朝昼兼用ご飯を作っていたところ、台所の天井に大きなシミがあることを発見。
っていうか、台所に置いてある洗濯機に黄色い液体が付いていて、天井にも黄色いシミが広がっている。
つまり、雨漏りか何かで天井から液体が垂れていて、その色が何故か黄色い。
しみている液が黄色いのか(天井か屋根に黄色い液が???)、
台所だから煙とか油とかが天井や壁に付いていてそれがしみ出したのか?(にしては結構均一に黄色いけど。。。)な、謎だ。。。

洗濯機が壊れるような感じではなかったし、下に置いておいた野菜がその液に浸ってしまったので
もったいないけど廃棄(タマネギ二つ、トマト一つ、ライム一つ)したというだけで
大きな実害はなかったんだけど。

こんな感じで家の中まで浸水してくるとしたらかなり問題。
でも恐らく、そこまでにはならない気が(希望的観測だけど)する。
一年のうちで最大降雨量を記録する今月を乗り切ってくれれば、後は何とかなると信じている(これも希望的観測)ので、しばらく様子をみようかなと。

なんか、やっと落ち着いてきたところだけど引っ越したくなってきた。。。
今のアパートの2階とかが空いたら、是非引っ越したいけど。
ま、なかなか無いだろうな。
(単身者用物件がすごく少ないので、大人気。)
一軒家に住んで、いろいろ好きな家具とか買いたい気もする。
ご近所の日本人が帰国する時に合わせてその家に引っ越すというのも
結構良いと思うんだけど。。。
ちょっと聞いてみよう。


+++++


前置きが長くなったけども、コーヒータイム。
西アフリカはあまり美味しいコーヒーが手に入らないらしいと聞いたので、
日本からいろいろと持ってきて、自分で美味しいコーヒーを入れられるように準備してきた。



左側、コーヒー豆の煎り器
右側、コーヒーを淹れるためのポット(フランスの中古品市で5ユーロほどで購入。軽くて持ち歩きしやすい)





手前左、携帯用ミル
奥中央、エスプレッソマシーン(こっちで買ったけど、結構問題有り。。。)

 



まぁでも、ケニア産の豆もスーパーで買えるし、
この間、東アフリカにいる方から2キロくらい差し入れもらったし
大分満足行くコーヒー生活を送れている。


昨日は割と満足のいく卵が10個も手に入ったので
カステラを作成。



コーヒータイム。


今ではコーヒー派だけど、そういえば20歳過ぎるまでコーヒーを美味しいと思ったことはなかった。
なんというか、香りと味にギャップがあって(今思えば、あれは酸味が強いコーヒーだったんだろう)好きになれなかった。その上、飲むとお腹が緩くなるので体に合っていないと思ったのだ。コーヒー牛乳は好きだったけど。

初めて美味しいと思ったのは、イタリアに行った時。
お茶が高いし、イタリアといえばエスプレッソだったので頻繁に飲んでいたらなんだか自然と好きになった。
以来、私の体内カフェイン濃度は相当な体調不良の時を除いて高いレベルをキープしていると思う。


+++++

最近はコアリズムを2,3日に一度掻い摘んでやっているんだけど、
やっぱり他の人のブログなんかを見るともっと継続的にやった方が良いようで。
自分が好きなところだけというやり方は、あまりよろしくないらしい。

うーん、たるんだ肉を消費するのはいろいろと大変だ。

でも、すごく痩せるとかそういう結果が出なかったとしても、定期的に「運動をする」っていうのは良いことだと思うので、適度に続けよう。

 


posted by おおゆき at 21:47| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

test

何となく最近、ブログのメール投稿設定が変わった気がする。
デコメのファイルとか入れるとどうなるのかテスト。






。。。果たして結果や如何に。



今日はトレーシーメソッドの腕、お腹プログラムを半分くらいやった後に、
コアリズムを3分の2くらい実施。
目指せ、ビキニを着ても景観を損ねないお腹!
posted by おおゆき at 09:56| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

船便の到着、創意工夫

最近、 何となく日本っぽいものが食べたかった。
協力隊の頃と比べるといくらでも手に入る環境にいるけど、
やはりたまに恋しくなるのだ。

そんなわけで、
短期出張者が差し入れて下さったカレールーでカレーを作ったり、
同じ人が持ってきてくれたインスタントラーメンを食べたり。

しかしながら、恒常的に日本の味を楽しむのはやはり差し入れを無くして難しいので
何とか、現地で作れるものを探ってみることに。
っていうか、まぁ勢いだったんだけど。

スーパーで見た豚ロース肉、ひもで括り済み。
ぴかーんとひらめいて、購入、チャーシューを作ってみた。

これが初挑戦で、日本酒の代わりに白ワインを使った割には結構美味しいチャーシューになった。
それをラーメンに乗せていただく幸せ。

IMG_0568.jpg

チャーシューは800gあったので、冷凍保存と他のメニューを調査。
キュウリとタマネギ、トマトなどで中華風サラダに。
美味しい。白ワインともすごく合う。


普段分からない、日本食のありがたさを感じること、
日本食を再現するために現地にあるもので努力すること。
この二つは、在外生活の楽しみでもあるかと思う今日この頃。
チャーシューなんて、自分で作らないし。

そんな事を考えていたら、出発前に日本から送った船便が到着。
自分で、よくこれをいれた!と思うものもあれば、なんでこんなもの入れたんだろうと思うものもあり。

でもやはり、今度パリに行く時に買ってこようかと思っていたもののうち、3分の1くらいが届いたのでそれは嬉しい。

一番嬉しいのは、柿の種。
今、食べながら書いている。白ワインを片手に。


まぁ、要はどちらでもいいのだ。自分で作ったものでも、日本から送られてきたものでも。もしくは、現地のレストランで食べられるものでも。
食べ物は人を幸せにする。そんな気がする。

高校生の頃、調理学校に行きたくて諦めた過去があるけれども、
庶民的な味に親しみを持ち、料理することを楽しめる
そんな自分が僻地にいてそれなりに生活が出来る。
それも、神様の思し召しというか、この選択は間違ってなかったのかなと感じる。


何となく昨日のエントリーがひどく愚痴っぽかったので楽しみの部分を書いてみました。
もちろん、嫌な部分もあるけど、自分なりに楽しんでいます。
あとは、ラーメンやうどんといった麺類を自分で打てるようになりたい
posted by おおゆき at 08:40| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

交通法違反?

今まであまり日常のことは書いていなかったけれど
大体午前中は大学、午後は農業省という形で仕事をしていて、
お昼は自宅に帰って軽く何かを作って食べて一休みして出かける。
というパターンが多い。

先週の金曜日、お昼を終えて職場に戻ろうとした時に警官に止められた。
なんだかいろいろと車においておかないといけない書類がなかったため、
罰金を科せられそうになった。
運転手君の頑張りで、12,500フランと言われたところを1,000フランで許しても
らって、
次回からはまぁ気をつけなさいよという事だった。

それで分かったのは、車に置いておかないといけない書類を家に置いたままにし
ていたこと、
さらに、2つほど書類が足りていなかったこと。
なので週末は車を使わずに(普段もあまり使わないけど)、今日、購入したお店
に行って必要書類を受け取ってきた。

正直、そんなの買った時に全部渡してよ!って思う。
そして、
運転手も、車のマニュアルを読む前にそういう外国人には分からない部分をきち
んとチェックしてくれよ。
とも。
今回は良いけど、契約書に、車両の保守と点検も運転手の役目として書いている
のだから、
きちんとチェックしてね。って運転手に言ったら、
「前に、私に車両の点検はしなくて良いのかと聞いた時、まだ大丈夫だって言わ
れたから放っといた。」
(私からお金をもらっている以上、あまり強く言えなかったと)と返され、
いや、そこは、こっちはこの国のシステムを知らないんだし、車を運転するには
どの書類が必要で、
これがないからどこにもらいに行く必要があるとかそういう風に言ってもらわな
いと。と言いつつ
分かってるのか分かってないのか、空回りな感じ。
まぁ、1,000フラン(170円くらい)の勉強代でこの後のゴタゴタを回避した(の
かも知れない)と思うと結果オーライなんだけど。
こっちの書類の多さって警官が小遣い稼ぎをするためなんじゃないかという気が
してきてしまう。

運転手については今回のことだけじゃなく、
今の運転手はたまたまレンタカーで使った時にそれまでの運転手と比べて運転の
仕方が好きで、
あまりひやひやせずに乗っていられたから雇ったのだけれども
1ヶ月ほどするうちに、欠点もいろいろと見えてきたところ。
そもそも、私が最初の頃に使っていたレンタカーの運転手はひどかったっていう
ことがまず分かり、
今の運転手は今まで無事故というところが大きなポイントとなって雇用。
悪い人じゃないんだけど、車のメカニック的な事はあまり分かっていないのに何
が必要だと言ってきたり
(一応修理工に聞きに行ったら、それは必要ないと説明された)。
用事を頼んでも、やり方が中途半端だったり。
そんなに高いお金を払っている訳じゃないから多くは期待しちゃいけないんだけど
最低限のところがな〜
フランス語が結構通じない時もある上に、書いて見せても読めなかったりするから
コミュニケーションにも割と問題があるのかも。

それにしても、こっちの人たちの運転の仕方でどうしても気になるところがある。
- あんまり目視で確認しない。
- 坂道発進は、停車時から一速にギアを入れたままにしてブレーキを踏まな
い。サイドブレーキも使わない。
- 大きな通りの赤信号待ちで明らかに待ち時間が長い時も、一速にしたまま、
ニュートラルにギアを入れないでクラッチを踏んだまま。
などなどなど。
教習所でもそう教わっているらしく、たぶん、今更変えろと言っても難しいだろ
うし、
まぁべつに良いんだけど、でもやっぱり気になる。
自分の持ってる免許がオートマ限定とかだったら
きっといろいろなことが気にならずに済んだだろうにとちょっと残念に思ったり
して。


こういう小さいことがちょっとずつたまって行くことで、異文化で過ごすストレ
スになったりするのかなー。

+++++

ってなわけで、最近のストレス解消法ナンバー1が料理となっていて。
今日はチャーシューを作り、以前日本からのお土産でいただいたラーメンに増え
るわかめと共にチャーシューを入れて今日の夕飯に。
いやー、美味しかった。

チャーシュー、800グラムの肉で作ったので、まだまだ大量にあるんだけど
何か良い使いみちというか、料理方法ないかな?
posted by おおゆき at 14:44| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

バカンスシーズン

それほど定期的に読んで下さる方もいないかも知れませんが、
気がつけば2週間ほどブログを放っておいてしまいました。。。

この間、バカンスシーズンと言うことでガーナ行きを決め、
東京に居た頃の知り合いと再会し、
ちょっとしたら体調を崩しこちらで初病院行き、療養、断酒、回復。
しかし、体調に不安を抱えてガーナ行きをキャンセル。

病人食を食べ続けた一週間、最後の頃にはプリンを食べたくなって作り、何となくお菓子作りが楽しくなって今度はパンナコッタを作ってみた。

そんな日々を過ごしている今日この頃。

ちなみに、お菓子作りは両方割と満足のいく結果で、

焼きプリン
IMG_0566.jpg

パンナコッタ
SANY4716.JPG


こんな感じに出来上がった。


何となくそういえば思い出したけど、私はお菓子作りが好きだったのだ。でも、冷菓はあまり得意じゃないし、カスタード系も得意じゃないのでプリンはここ20年くらい作っていなかった。
しかしあまり焼き菓子を作る気にならないし食べたいともそれほど思わない今日この頃、自分が食べたいものは冷菓系に傾いて行きつつも、生菓子は特に卵などを使っていると危ないので買えない。

で、やはり自分で作ることに。

(料理関係で言うと、本当は鶏ガラスープですいとんも作ってみたんだけど、こちらは道ばたで買った鶏の丸焼き、ちょっと臭みが強かったこともあってそこはちょっと。。。)

そんな最近。
そろそろ「生活の場、働く場」としてブルキナファソに馴染んでいかないと。。。


東京を初めとして日本は暑そうですけど、体調崩さないように皆さんお気をつけください。
posted by おおゆき at 05:46| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

食べ物オンパレード

あまりきちんと写真を撮ってないのですが、
今まで行ったレストランでの食事と現地で手に入る材料で作った食事(と言うか
酒のつまみ?)を一挙大公開。
誰も待ってないかも知れないけど。

まずは、自作のおつまみ、料理。

イカキャベツパスタ、味噌風味。
SANY4708.jpg


トマト、チーズ、インゲンのライスサラダ、バルサミコソース風味
SANY4700.jpg


テイクアウトしたピザにカマンベールを乗せて再加熱(全然自作じゃない。。。)
SANY4698.jpg


春雨サラダ、ハムとキュウリ和えマリネ風
IMG_0518.jpg


幅広パスタ、キーマカレー風味
IMG_0517.jpg


お好み焼き、キャベツメインで
IMG_0511.jpg


アボガドディップ
IMG_0506.jpg


ここからは外食系。
カフェウィーンとビストロリヨネーズ。
そんな名前を聞いてると、何ともブルキナファソに居ることを忘れますね。。。

いきなりデザート、ザッハートルテ。(割と美味しい。本場で食べたヤツより甘過ぎなくて良いかも。)
IMG_0496.jpg


レバーカレー。野菜がない。。。
IMG_0495.jpg


あぶり鶏肉入りサラダ。ドレッシング多すぎ。
IMG_0494.jpg


ここからBistro Lyonese

白身魚と赤身魚、ズッキーニのココット付き
(奥に見える焼きたてのパンがとっても美味!)
IMG_0489.jpg


ビストロの内装、ヨーロッパに居るみたい
IMG_0487.jpg




ここでも結構いろいろ手に入るし、いろいろな場所で食事が出来ます。
posted by おおゆき at 23:11| Comment(2) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

世界は狭い!!

今日、たまたま立ち寄ったホテルにて、ロビーで自分の車を待っていたところ。。。



見知った顔が。


約一年前の同僚が。
あれれ?人違いじゃないよね。なんて思いながらみていたら、向こうも私に気がついて表情が変わった。
やっぱり。本人だ。

彼の電話が終わるまで待っていたら、相変わらずの笑顔で近づいてきてくれたので近況を報告したりして。
更に、一年前にこれまたお世話になった専門家と一緒に出張できているということで、ちょっとだけご挨拶。

まー、そんな事もあるんですねぇ。
狭い世界だ。

東京に居た時には、一度も現地に行けなかったことが残念だと思っていたけど、彼らの予定は、ガーナにいった後に一泊二日で協議のためブルキナファソに立ち寄り、今夜帰国するという。
そんな予定で転々とするよりも、今みたいに長期滞在出来る方がいいな。

ちなみに、その後また近所のスーパーで遭遇。

過去に思いを馳せる黄昏となりました。
posted by おおゆき at 08:12| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする