2012年12月07日

パリ2日目(銀行、買い物、バレエ鑑賞)

パリ到着後2日目は、お昼前から3年ほど前に銀行開設したまま一度もご挨拶していなかった担当者の方と面会。
その後、行きつけのビストロでお昼に連れて行っていただいた。
全く予想していなかったのだけども、なかなかおいしいフレンチでした。

前菜、ズッキーニのキッシュ


DSCN1627.jpg

メイン、サーモンのソーセージ。初めて食べたけど、美味!
DSCN1628.jpg

デザートもしっかりいただきました!


この時期、クリスマス仕様のショーウィンドーも素敵。

日本でも有名なLADUREE
DSCN1631.jpg


ゴールドコーティングされたマカロンのクロカンブッシュ風

DSCN1632.jpg


バラ専門店

DSCN1633.jpg


そして、夜はバレエ鑑賞へ。
DSCN1634.jpg

超久しぶり、2回目のパリオペラガルニエでしたが、こんな衣装が展示されていたり
DSCN1636.jpg


天井画がシャガール(でいいんだっけ?)だったりで豪華。

DSCN1640.jpg

幕間のバーカウンター周辺も、ちょっと華やかな感じ。
DSCN1643.jpg

今回は、2階の中央寄りボックス席の最前列。
お隣の席の方も日本人でお話しできたのも楽しかったです。

帰る前にラーメン屋さんによって、野菜ラーメン食べてきました!
(しかし、何故野菜ラーメンは塩味が多いんだろう?私は味噌で食べたかった!!)

パリ、満喫です!!
posted by おおゆき at 10:13| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルシンキ滞在5日目の夜と移動。

今回は写真もなく、おまけです。

5日目の夜は、ヘルシンキ、というかフィンランド唯一の韓国料理で締めました。
まぁ、味はおいしかったけども。
海鮮チゲを頼んだものが、入っていた海鮮が、明らかにマプトでも手に入る冷凍シーフードが
申し訳程度に入っている程度で、あとは煮崩れた豆腐のカスみたいのと、これもどんだけ入ってるか分からない卵のくずみたいのだけで、豆腐も白菜もネギも無かったのがとっても残念だった。。。
その上、熱々で食べて口の中火傷してしまった。


その次の日。

12時ヘルシンキ発、パリ行きに乗る予定だったので、
割とのんびりがっつり朝ご飯を食べた後に空港に向かったのだけれども。
すんなりとチェックイン、荷物を預けた後に、今まで経験したことのない事件が。。。

まぁ、事件っていうか、自分のミスなんだけど荷物チェックを通過して、しばらくしてからパスポートと搭乗券が無いことに気がつく。
荷物全部を2−3回くらい探しても無い。荷物チェックのところに戻ってパスポート無かったか確認したけれども
「全部探したけどない」
というつれない返事。

2−30分程、荷物検査の横で再度荷物をひっくり返し探すを繰り返し。
もう駄目かとこれからどうしないといけないのか頭の中でグルグルと考えだし、途方に暮れつつあったところで。。。

係員のお兄さんが、右手にパスポートらしきモノを持って近づいてきた。
「キミの名前は?」
本名を伝えたところ、
「よかったね!」と笑顔で私のパスポートをくれましたとさ。
私も、涙が出そうなくらい安心して、(いや、多分半泣きくらいだったか?)
ありがとー!!
と、連呼してました。

その後、安堵しすぎたのか、登場時間を20分過ぎるまで免税店でブラブラしてしまい、
ついに初めて放送で呼び出されました。
そんな、初体験のトラブルばかりの移動でした。
posted by おおゆき at 09:53| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ヘルシンキ滞在5日目(arabiaアウトレット、カフェ巡り)

ヘルシンキも、5日目にして大分飽きてきたらしく、今日撮った写真はたった5枚でした。
それも、3枚は食べたもの。

今日はまず、arabiaのアウトレットに行き、食器、ヤカン、等々購入しました。
しかしながら、免税手続きのために開封してはいけないらしいので、モザンビークに帰るまで写真はお預け。

arabiaのアウトレットは、トラムでちょっと郊外の方にいったところに。
美術館があるのを知らなくて、わざわざ月曜日に来たのに、今日も明日も休みならしい。また次回かな。
ずっと欲しかったOPAの小さいヤカンも購入できて、帰国が楽しみでしょうがない。

DSCN1623.jpg



この中は、大学にもなっていて、学食らしきところ、図書館、キャンパスもありました。
写真はなくて、そこのカフェで食べたベーグルツナサンドの写真だけなんだけど、このベーグル、久々に食べたおいしいベーグル!
モザンビーク帰ったらベーグル作成しよっかなー。
DSCN1622.jpg


その後は、ホテルに帰って荷物を置いた後に、行きそびれたと思っていた雑貨屋とか、旅行ガイドに載っていたお店に。
。。。って、もう2回くらい来たことあるところだし!
カタカナで書いてあって気がつかなかった。。。
結局、何も買わずに退去。他にも周辺の雑貨屋さんに入ってみたけど何回か近く通っていたのに、こんなにも素敵なお店を素通りしてたんだなーと気がついた。

最後は、ヘルシンキ最古のベーカリー、エクベルグへシナモンロールを食べに。
私の中では、シナモンロールにはレーズンがつきものなんだけど、入ってないんだなと、ちょっと残念。

まずはチキンサラダから、大理石の机がいいかんじ。

DSCN1625.jpg

DSCN1626.jpg


また今度、寒くない時期に来たいものだな。
posted by おおゆき at 05:19| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

ヘルシンキ滞在4日目(デザイン美術館、散策、買い物!)

今日は今まで一緒に居たお友達が帰国、ホテルも移って一人での滞在が開始しました。
まずは、割と高級だった今までのホテルから出て、今日からのホテルへ。ちょっとランクの落ちるところだけど、結構落ち着ける雰囲気で部屋の間取りもいい感じ。


外出1カ所目は、デザイン美術館。
かなり小規模な美術館ではあったけど、カイフランクの作品、Nomadicな生き方、フランス語で会話しているおばさま達の盗み聞きなど、結構盛りだくさんで1時間半過ごせた。

ういえば、高校生で進路を決めないといけない頃、創作やデザイン関係と実学とで迷った時があった。その頃は、堅実な方へということで実学(工学部)を選ん
で大学に進んだけど(なんと夢のない高校生だったのだろうか)もう一つ実学を選んだ大きな理由は”自分には自由な発想・創作は出来ないだろうから”だっ
た。
その時の選択は正しかったと今でも思っているけど、デザインって全て自分の内から生まれ出てくるものではなくて、自然のものだったり、実用性
だったり、そういうものを組み合わせて誕生しているものがたくさんある。コンセプトと実用性をどういうバランスで形にするかがデザイナーの個性であり、よ
り多くの人に受け入れられる個性を持っていた人が、カイフランクであり、柳宗理なんだろうなと。
着目点や今も使われているデザインの元祖が第2次世界大戦前から生み出され、使われ続けているというのはすごいことだなと感じる。

どうでもいいけど、この美術館のトイレは、狭いスペースを生かしたドアの開きで流し台もさすがのデザイン。古い建物の構造を生かしながら歩きやすかったり照明がきれいに組み込まれていたり、さすがでした。
昨日買おうかさんざん迷ってやめたイッタラのミルクピッチャーと同じ形の色違いが展示されていて、買っとけば良かった!とも思ったりして。


IMG_0179.jpg

美術館のトイレ


IMG_0180.jpg

と、流し台。


その後は、街を散策、ワンピースやリュックサック購入したり、文房具購入したり、散財の一日でもありました。
今更気がついたけど、街を歩くときになる歩道や車道の舗装は、雪が積もっているときちんとみれないし撮影も難しい。そう思うと、やっぱりまた今度、夏に再訪してみたくなりますね。(どれだけ休みを取れば気が済むのかって??)

午後3時頃、遅めのお昼にはcafé Engelへ。滞在中何回目かのミートボールと、赤ワイン。机の上にカーネーションが置かれていて、窓からは大聖堂が見えて、地元の人も観光客でも満員でした。
コーヒーがおかわり自由で長居したければいくらでも滞在できそうな雰囲気の良いカフェです。店員さん達も感じがすごく良かった。


DSCN1607.jpg


DSCN1610.jpg

ラズベリー付きミートボール、マッシュポテト。
おなかにたまる。


DSCN1611.jpg

甘さ控えめなケーキ


DSCN1612.jpg

ダブルのエスプレッソを頼んだらおっきいカップにいれられてきた。



街を歩いてると、子供がのぞけるように台が設置されてるクリスマスのショーウィンドウやクリスマスカラーのフェリーまで、クリスマスの気配がそこかしこに。
寒いけど、良い季節に来たなと自己満足です。

DSCN1619.jpg


DSCN1603.jpg



おまけ:今日購入したワンピース。パリで予約しているバレエはこれ着て観に行こうかな。

IMG_0182.jpg
posted by おおゆき at 04:00| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

ヘルシンキ滞在3日目。

今日は初めて雪が降っていない!寒いにしても(日中の外気温は-7℃前後でした)顔がヒリヒリしたりしなくてちょっと楽。
もう、2日間で何回か通っている道も、「こんな風景だったんだ〜」と思うような変わりよう。(建物は変わってないだろうけど、見え方が全然違うという意味で)そうなんだ、ヨーロッパ
に旅行するときは、やっぱり街並みを楽しむのが第一なんだ。街並みを楽しめて、おいしいものを食べられればもう旅の目的は達成したようなもの。

ということで今日は、ブラブラと初日行ったかもめ食堂、そしてその前に行って欲しいものを見つけた雑貨屋、アンティーク食器屋さん、Cafe Aalto、中央駅周辺の地下街をうろつき回ってました。

カモメ食堂は土日休みなんだけど、最初に行ったときは夜で暗くて見え辛かったので改めて写真撮ってきました。
「きっと、向かいのアパートの住民とかは、また日本人が来てるよ。とか思ってるんだろうねー」などと言いながら。
で、その近所のcafeとコーヒーグッズを置いているお店でChemexを購入。アメリカ製品だけど。。。
http://www.chemexcoffeemaker.com/products/classic.html
上のリンクの一番小さい奴。
ちょっと、学生時代の実験器具を思い出すシルエットがこれまた良い。


その後はアンティークモール的なお店へ。家具なんかも置いてるけど自分にとってはやはり、ittara、arabiaの古い食器が。
グラスも良心的なお値段で、ついつい買いあさり。この日の買い物だけでスーツケースが満杯に。
(ホテルに帰ってよく見たらうすーくヒビの入っている陶器を見つけたけど、きっと大丈夫なのよね??)
今のiittaraやarabia(というか、両方イッタラか。)も良いなと思うものは多いけど、少し古いものの方が好きだな−。
日本酒のお猪口に使えそうなショットグラスもいくつか見つけて、マプトに戻ったら飲み会したいと思います。
(残念ながらお店の写真はなし。)

その後は、アルカディア書店とその2階にあるcafe Aaltoへ。円安傾向で1ユーロ107円とかなってると、ちょっと辛い値段の本が多かったけど、そこはまぁ気にしてもしょうがないですかね。。。美術館の併設売店とかで、面白そうな本を探そうかなと。

寒いからという理由で、毎日お昼から食前酒やらビールやらワインやら飲んでいるので、食べた後はやる気がなくなる毎日。せっかっくトラム乗り放題チケット買ったからまた活動したけど、ホテルに荷物を置いてあとはまた夜の街をブラブラしてました。

とはいえ、夜とか言いつつ4時くらいでもう確実に日は暮れていて、夏のヨーロッパみたいに夜10時頃にならないと夜景が楽しめないのもなんだかだけど、ここまで早く夜景になっちゃうのも何だかね。札幌を思い出す日の出、日の入り時間でした。


DSCN1567.jpeg
視界良好!


DSCN1578.jpeg
閉店なのを良いことに、バシャバシャ写真撮影。(12月6,7日はフィンランドの独立記念だかでお休みならしい。今の時期に来ておいてよかった〜)


DSCN1591.jpeg
これまだ、夕方4時頃です。
posted by おおゆき at 06:36| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

異常気象のヘルシンキ。2012Nov.28-Dec.8Helsinki,Parisの旅

超久々のブログ更新が旅行の話題というのも何だなと思いますが、
真夏直前のモザンビークから、異常気象で雪降り積もるヘルシンキへ
3本飛行機を乗り継いでやってきました。

出発の当日も職場でやり残した仕事をして、伝えそびれた申し送り事項をトランジット中にメールして、と、なかなか旅行モードになれずに落ち込み気味だったけど、ホテルでぐっすり寝ておきた今日は一転、もう仕事のことはすっかり忘れて旅行を楽しむことに。

到着日は、午後3時過ぎに空港着、荷物を受け取って外に出た頃にはもうすでに日も暮れかけ。
ヘルシンキは寒いけど雪は積もらないという話を聞いていたけど、結構な積雪でトラムの除雪車が稼働しているような状況。
当然私は雪への装備が全くないので、2日目の朝にはスノーブーツ、ニット帽、アウトドア用のタイツを購入して準備万端で今日から観光!と思ったものの雪は降り続け風は冷たいので今日もお昼にウォッカとワインを飲んでからはのんびりホテルに戻ってきました。

何もわざわざ寒い時期に北欧に行かなくても。と思われるかも知れないけど、この、雪の中を歩き回って屋内に入ったときの幸せな気持ちとか、そういうのは今じゃないと味わえない、懐かしい気持ちでしょう。

それだけでも、来た甲斐(1回目の変換で「解」となったけど、ある意味あたってる。)があったなって。
のんびり6日間滞在で買い物楽しみます。(ユーロ高ですが。。。)

IMG_0169.jpeg
カモメ食堂、外から。


IMG_0172.jpeg
内装、大分映画とは違う感じ。


DSCN1541.jpeg
ホテルの部屋。散らかす前に撮れば良かった。。。
posted by おおゆき at 23:08| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

新たな一歩、マラウイ。

転職するとかっていうことではなく、3日間のサイト調査で計5日間行ってきました。
結構良い印象が強いんだけど、やはり英語が通じるってすごく楽だわ〜ってことと、
同じ歳くらいの人達がいて、仕事の話もプライベートな話も割とオープンに出来るのってすてきな環境だなって。(全くマラウイとは関係無いけども)

今回やり残したのはシマ(マラウイの主食)を食することなので、次回の課題として再訪したいものです。
posted by おおゆき at 10:51| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

赴任一週間。

マプトに到着してから一週間経過しました。
ちなみに、マプトとはモザンビークの首都、アフリカの数少ないポルトガル語圏です。
そして、私にとっては初めての海沿いの国。

貝だったり、イカだったり、エビだったり、いろいろ食べれます。
今日は、鱚のフライが5匹くらいのってるプレートでした。
そんなすばらしい環境にも、すでに慣れてきてしまっている今日この頃。

1週間のうちに気がついたこと、

まずとにかく、今回は赴任準備でいろいろ間違えた!
沿岸の国だからってことで、日本から車と荷物を送ったのだけども。
別にそんな必要なかったなって思う。ショッピングセンターとかあるんですよ。
きっと、ブルキナから来たからだと思うけど、多少高いにしろ、ものすごい品揃え!
家財道具を買うなら、国境を越えたところにある南アフリカのショッピングセンターがいいと言われるけど、
そんな必要なさそうだと思う。

そして、持ってきた荷物、40キロという規制があったこともあってかなり選んだんだけど、
それも大分間違えた。まずもって、この時期のマプトがこんなに寒いとは思わなかった。
そこが誤算だったけど、トレンチコート以外は上着らしき物を持ってこなかったけど、
朝も夜も結構寒い。そして、フリースやカジュアルな上着は船で送る荷物に入れてあるから、
買うのももったいないし。。。何とも中途半端!
現地にこんなに物があるなら送らずにこっちで買っても良かったし、
送るよりも持ってくるべきだった物も結構あるし、
はー。

まぁなにごとも、人生経験ですかね。
今のところ、今回の仕事で長期の海外滞在は最後にしようと思っているんだけれども、
この経験がいつの日か、役に立つことがあるのだろうか。。。

何にしても、この気候の良さと食べ物のおいしさで、私の胴体は日々横に成長し
すでにブラウスもパンツも、きつい。。。
唯一の救いは、あまり暑くないからそれほどお酒を飲まずに、ちょっとだけ健康的な生活が送れている事くらいでしょうか。

もうちょっと落ち着いたらまたご報告します。


写真は今回のエントリーと全く関係のない、日本にいたときに撮った写真2枚。


DSCN1215.jpg

京都のみたらし団子。


DSCN1225.jpg

妖怪電車のホーム。
posted by おおゆき at 04:01| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

ライオンキングby劇団四季

今日は劇団四季のライオンキングをみてきました。
そういえば、一ヶ月前はロンドンでライオンキング観たな。

携帯もデジカメも忘れたので、写真は撮れなかったけど、
小降りの劇場で前から5列目くらいだったので舞台がすごく近くて良かった。
先週末行ったキャッツでも感じたけど、人間の体で動物の動きを表現するって
すごく面白いなと思う。その分、出演者の皆さんは訓練を重ねてるんでしょう。

嫌でもロンドン公演とちょっと比べちゃうんですけど舞台演出はほぼ同じ印象。
アフリカを舞台にした物語なだけあって、黒人もかなり出演しているロンドン公演の方が
自然に見られた気がする。

ロンドン公演の子役の男の子は、しゃべりは普通なんだけど歌が余りうまくなかった。
今日の公演の同じ役の男の子は逆で、しゃべりが不自然だけど歌はうまかった。

あと、お父さん役の人が死んだ時、呼吸で胸・お腹が上下してるのが明らかに見えてしまって
ちょっと残念だったかな。

台詞や歌の内容は、スワヒリ語っぽいフレーズが出てくるけども、
衣装に使われている布の柄なんかは、西アフリカで観た覚えのあるものが多くて何か不思議な感じがした。

でもとにかく、大人から子供まで楽しめる舞台だと思うので、
東京、大阪、札幌在住で興味のある方、是非いってみて下さい!

http://www.shiki.gr.jp/applause/lionking/index.html
posted by おおゆき at 17:58| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

Enjoyed japanese SAKE (rice wine) after job lecture, a bit drunk

画像-0124.jpg


今日、日本酒の試飲会に行ってきましたが
アテもなく、ひたすら少量の日本酒を飲んでいくというシステムなので、
結構すぐ酔うし、味の違いがわからなくなる。
20種類くらい飲んで、もうやめちゃいました。

同時開催の即売会とつまみの販売もおもしろかったです。
posted by おおゆき at 16:58| Comment(0) | 雑記・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする