2017年07月15日

奨学金

どこかに書いてあるかもしれないけど、大抵の奨学金は35歳程度までという制限を設けていることが多い。
入学の時点で40歳を超える年齢で留学をしようと思うと、申請できる奨学金はかなり限られてくる。私の場合は、ラッキーなことに行きたい研究所・コースのための奨学金が応募可能なものは2種類あり、両方応募していたところ先に結果の出た世銀:World Bankと日本政府出資金による奨学金を得ることができた。


ちなみに、もう一つはロータリー財団の奨学金、こちらは制限年齢はない(はず)。

今まで、公共事業や政府の対外援助に関わってきた自分の給料は全て税金からきているし、国立大学に行かせてもらって授業料よりも相当な研究予算を使わせてもらった身として、自費で行けるのであれば何も奨学金をもらわなくても。。。と言う気持ちもあった。
しかし、背に腹は変えられないということで、応募させていただきました。

でも本当に、こうやって篩にかけるのか?というくらい色々な提出書類が必要。
興味のある方はぜひ、リンク先をみてみてください。

ーーーーーーー

因みに、奨学金を申請・取得しても場合によっては留学資金全てがカバーされない場合等があるので、そういう時は学資ローンという選択肢もあります。学資ローン、使ったことはないけど低金利で借りることが出来るということと、会社勤めであれば割と審査が通りやすいらしいので、会社を辞めて留学するつもりの人は辞める前に申請・確保がいいらしいです。




posted by おおゆき at 00:23| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

資金確保

いきなりかい!ってかんじですけども、留学する時のお金の話について。
去年末で前職を辞め、細々と働いている今の状況で、去年の収入で決められる地方税の請求が週末に届き。。。今の自分にはかなり痛い出費だったので、ふとこんなポストを書いてみようと思います。
それと、私自身は今まで何度か海外赴任をしたり、休職したりしてきたので、大体の手続きを知っていたけれども一応まとめておこうかと。

<留学資金>
留学に必要な資金は主に、
・出発前に必要なお金:渡航費(航空券、電車賃など)、海外留学保険
・現地で必要なお金:授業料、滞在費(家賃や食費など)、教材費、留学先で行く娯楽費(旅行費、外食代)など。
・不在時に日本で必要なお金:地方税、家持であれば固定資産税
などがあり、それぞれ金額は違うにしてもざっとこんな項目。

<資金源>
開発に限った話で行くと、特定分野に一定の奨学金を準備してくれている財団などもあるが、私自身は留学を決めたタイミングが遅かったために選択肢が限られていたので、現在申請中。ダメなら全部自費。と思っている。
よく聞く奨学金は、
・ロータリー財団(以前のように芸術分野に対する奨学金は無くなってしまったみたいだけども、年齢制限なく先行してくれる)
・世界銀行(すごく少数だけども。。。)
・JICA海外長期研修制度(厳密に言うと奨学金ではないけれど、分野や条件が合致すれば色々な費用をカバーしてくれる。)
・笹川記念財団(プログラム限定で、英語のコースから全て出してもらえる)

全て自己資金で行くなら学資ローンなどもあり、会社を辞めて留学する人は在職中であれば割とすんなりかしてもらえるとの話あり。

以外に痛い出費となるのが自分が不在時の地方税や国民年金(年金は海外にいる人は支払い任意)で、家族等にお願いできない場合は、銀行振替にするなり自分が国内にいない間になんとかなるようにしておかないと税金滞納になってしまう。
posted by おおゆき at 00:23| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

40にして惑わず?

まだ40にはなっていませんが。

最近、転職だったり、留学準備だったり、自分の経験や今後どう生きていきたいのかを考え直したり、たまたまみたドラマや映画で深く考えさせられたりということがあったので忘れないように記しておこうと思う。

今まで結構転職してきて(大学をでてから同じ社内の異動も含めたら2年サイクルくらいもしくはそれ以下の期間の契約も含んで8回職場が変わっている。)その途中に語学留学など挟んできた。どんな仕事でも自分はここに居るべきじゃないという気がしていた。アフリカやヨーロッパで生活している時には、現地での生活に慣れてしまうと残業や休日出勤、会社の命令で出張で飛び回る様なやり方では働き続けることはできないと思ったし、日本にいれば出張で外に行きたい気持ちになり、出張が続くと帰りたくなる。そんな繰り返しだったように思う。これって、自分が怠け者だからなのだろうか。。。うーん、否定できない。

ただ、ずっと思っていたのは、働くということのイメージを持っていなかった大学時代に選んだ専攻ではなくて、自分がずっとやりたいと思っていたことをきちんと勉強してみたいということ。
これだけは、高校生くらいの頃から思っていた。

それがいよいよ、実現出来そうになってきた。2017年秋より、オランダにて。
年始に応募書類を出したらかなりすぐに合格通知をもらい、あとは奨学金を探すだけという段階。
幸いなことに、類友というか留学している友人が結構いるので、応募書類の参考例などかなりいろいろと入手しやすかったけれども、合格通知をもらえるまでは本当に大学に行けるのか正直不安だったので、これから留学を考えている方の参考になればと、細々と備忘録も兼ねてここに記録していこうと思う。



posted by おおゆき at 00:51| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする