2017年11月06日

第3週目:いよいよ授業開始

先週までの期間は本当に準備期間という感じだったけれども、やっと待ちに待った?授業開始。とは言いつつ、やはりそれぞれの先生との授業が初めてだったりするのでイントロダクション的な要素もかなり多い。

うちの学校の仕組みとして、15コマ(1コマ90分)程度の授業で1モジュールが構成されていて、2モジュールを6週間で授業し、最後の1週間でテストをする。というサイクルを1年間繰り返して修士の講義部分は完了となる。上級生の話によると、この構成が辛い時もあれば、日本の大学の様にテスト時期やレポートの提出時期がそこまで重ならないのでモジュールごとにテストやレポートにそこそこ力を割くことができるというメリットもある。

先生たちは、学生を落とすための試験をするわけではないので、きちんと勉強していれば誰でも卒業は可能だが、計画的にレポートやテスト勉強を進めたほうが良い。と口をそろえて言う。

私のいるコースは社会学的な意味合いが強い内容で、研究論文や調査をしてその結果を文章にまとめる様なこともするので、他のコースの学生が数学で苦しんでいるのを横目に、論文検索したり、そのサマリーを作ったりする課題が出されている。私が大学生の時は、レポート用紙に手書き(!)で記入して、大学のレポート提出ボックスに投函するという超アナログだったし、論文検索も、インターネットで検索はしたけど構内に無かったら図書館を通じて依頼すると1、2週間で論文の写し(紙)が送られてくるという流れだったけれども、今や全てがpdfで管理され、論文管理のソフトも充実してるしもう、本当に自分は昔の人間なんだなーと実感させられる。

余談だが、働きだした頃にちょうど今の自分くらいの上司が「今の若い人は図書館で資料検索なんてしないでインターネットでなんでも揃うんだから便利だよね。昔は、必要な資料があったら市の図書館とか行ってたけどもうそんな必要ないもんね」と言っていたのを思い出して、ああ、あの時の上司はこんな気持ちだったのかなと思う。

授業は、Integrated Water Resource Management(統合的水資源管理)をテーマに、アフリカでの経験が豊富な教授の授業を受講していて、色々な裏話やずっと勉強したかったことを、昔勉強したことの復習と自分の経験とをつなぎ合わせていくような感覚で、たまに変な懐かしさを感じる。

お世辞にも真面目とは言えないし、成績もかなりひどかったので、なんとかそれを払拭するべく、この機会にもう一度勉強をし直して久々の学生生活を充実したものにしたいと、期待を込めて思わせてくれる授業始動の週であった。

posted by おおゆき at 15:30| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

第2週目:水をテーマにしたプレゼンと課外活動

2週目はオープニングウィークということで、”Pluralizing water”(様々な視点からの水)をテーマにしたプレゼンなどが続いた。水の歴史学、将来の予測、リモートセンシング、コミュニティでの水管理プロジェクトなど、うちの学校でやっている研究分野のうち、いくつかからポスドクや講師のプレゼンで、どれも面白かった。特に、水の歴史学ではメキシコシティの水利用の変遷がテーマで、個人的に江戸時代の物質循環と水利用と共通するものを感じた。プレゼンした人は、スペイン人の侵略で全てが壊されたと繰り返し言っていたけど、その土地の自然環境に基づいて長い時間かけて築かれた生活習慣が「文明化」という外力で壊される時にバランスが崩れるんだろうな。

他には、LibraGAMEという、グループごとに、架空の河川の「河川管理」「農業開発」「水道水供給」の3団体に分かれ、水不足や水質問題を解決しつつ、農業や産業による収入などを向上させることを目的として、それぞれの団体が管理する範囲のパラメーターを設定するというもの。簡素化されたシュミレーションプログラム(おそらく、エクセル計算でパラメーターを入れたら簡単に結果が出るように組んであるもの)にいれて、結果を競ったのだが、自分のグループは最終決戦に残れなかった。。。(ザンネン)

それぞれのプレゼンの後の質問タイムや、話し合いながら進めるゲームを通じて同級生の個性が見えたりするのも面白かったけど、来週以降の成績に関わる授業では超個性派ぞろいのこの人達とディスカッションとかグループワークとかやるんだよなー。と考える「面白そう」だけでは済まない予感がする。

最後の金曜日には、フィールドトリップということで沿岸部の保護集水域での水供給会社duneaのプレゼンとピクニック、オランダのフォークダンスもはさんだディナー(上級生によるとクリスマスディナーと同じくらい期待できるというもの!)で締めくくられた。

ここにきて、高校生の時に留学したいと母親に言ったら「せめて大学を卒業して、人として成長して社会性を身につけた後にしなさい」と言われたことを思い出した。実際問題としては経済的な部分が大きな障壁ではあったけども、学部卒ですぐここに来ていたら今ほど興味を持っていろいろなプレゼンに挑めなかっただろうし、討論する時に自分の意見や日本での仕組みとかインプットできなかっただろうなと思う。それに飲み会の時や雑談してる時にも今までしてきた仕事の話に限らず自分のバックグラウンドに興味を持って聞いてきてくれる人がいるっていうのは嬉しい。あとは、年下の子(ちなみに、おそらく同じ学年の9割以上が年下)に、自分の国で30歳前後でもう一度大学に行くなんてあまり一般的じゃないから留学するには歳をとりすぎたと思ってたけど、私みたいな人がいると勇気付けられる。というようなことを何人かから言われ(多分みんな女子)、そんな形ででも役立てるのなら嬉しいことだなと思ったりしている。

2度目の週末は、教えてもらったアジア系の食材スーパーと市場で買い物をしてのんびり料理でもと思ってたんだけど、アメリカではサンクスギビングにあわせて主に上級生中心にThanks givingのディナーに。それぞれの料理を持ち寄ってくれたのを頂く形に。前もって知っていたら自分も何か作りたかったんだけど、夕方に聞いたから。。。ということでマーケットで買ったチーズとワインを持って参加させてもらうことに。めっちゃ食べました!


それぞれのヒーロー、ヒロイン
IMG_1984.jpg

IMG_1988.jpg

IMG_1989.jpg

ライブジャズ@Jazz Cafe Bebop
IMG_1996.jpg

IMG_1995.jpg

tasty raw fish!! @open market
IMG_2003.jpg




続きを読む
posted by おおゆき at 06:12| Comment(2) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

第1週目:コース概要と生活のセットアップ

修士留学というと、かなり自分でいろいろ用意して、学校が始まる前に住む場所を確保して。。。といろいろと面倒なイメージがあったんだけども、IHEは学校がかなりのことをしてくれる。生徒の大部分が、アフリカ、東南アジアからの参加者だということもあるけど、私にとっては少し過保護かなーと思うくらい。
銀行に口座開設に行ったら、仮のカードと口座番号がすでに用意されていたのには驚いたし、市役所への住民登録もわざわざ学校に来てくれるという至れり尽くせりぶり。ボートツアーやウォーキングツアーなど、いろいろなアトラクションが用意されているのはさすがという感じがする。

日曜日に着いてから、結構まったりとした時間をすごした後、木曜日にあったのが同じコースで勉強することになるコーディネーター(教授や講師)と、学生とのミーティング。ほかのエンジニアリング系のコースにはほぼ新卒?と思われるアジア系の学生(というか、中国の学生)が結構いるけど、うちのコースはそれなりに職歴がある人が多く、一番若くても20代後半くらいかな?という感じ。到着した日に空港から一緒だったインドからの学生も同じコースで、南米、中央アジア、東南アジア、アフリカといった構成。
まだ、自己紹介を聞いただけだけど、これから1年半一緒に勉強する仲間、いろんな立場でバックグラウンドの人がいて楽しみ。

金曜の夜はパーティーということで、9時くらいから多くの学生が住んでいる寮へ。あー、なんかこんなパーティーって久々だなーとか思いながら参加。一緒に行ったメンバーはみんなブラジル人でポルトガル語はなしてるし、会場にはアフリカ系の人たちも沢山来てるし、フランス人の学生もいて、久々にフランス語で話したら「なまりのないきれいなフランス語だね〜」なんていわれて嬉しくなったり、なんだか、過去10年間くらいを思い出させる要素が沢山あって一人感慨深くじーんとなった。

なんかそんな感じで、助走しているような1週間でした。来週もまだ、授業本体は始まらないので、スロースタートな様子。その間に生活環境の整備に集中します。
posted by おおゆき at 04:55| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

チケット到着、指紋認証

フルマラソンが終わって生ける屍のような状態の時に、やっとチケットが送られて来た。早めに座席指定!と思ってチェックしてみたら、ノーマル料金の席は真ん中席しか空いていない。そりゃそうだ。あと10日だもの。

奨学金で多少の旅費も出るようなので、ちょっと奮発して有料のエコノミー最前列の通路側席を確保!成田からオランダまで125ドル也。

結構な確率で、赤ちゃん連れとかが居たりするけど、まぁ仕方ない。ノイズキャンセリングヘッドホン持ってこうかな。


そして、9月末日に「10/6日までにオランダ大使館にて指紋認証するように!」とのお達しがあった件については、大使館にメールしたらネットでアポイントを取るように。との返信があったので仰せのとおりに。初めてのオランダ大使館に行ってきます!




続きを読む
posted by おおゆき at 16:16| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

滞在許可:今になって大使館・領事館での指紋と署名認証を求められる

一昨日、留学先から「至急」とタイトルについたメールが送られてきて、「今週中にあなたの住んでいる地域の大使館か領事館に行って、指紋と直筆の署名を登録するように。さもなくば、到着と同時に滞在許可証は発行できません。」とのこと。

今まで時間あったじゃん。。。初めて聞いたよそれ。みたいな気持ちになるとともに、今週中は無理だし、オランダに行ってから多少待つことになったとしても別に問題なし。とはいえ、オランダ大使館行ってみたい気持ちもあって、メールにて来週の訪問予約が取れるかだけは問い合わせてみた。
返事はまだなので、何となく日本では登録できないまま現地に行くことになりそう。

そして、出発日は10月14日に決定し、仮予約のチケットが送られてきたものの。。。Mr.ってなってるし。。。ま、英語圏の人からしたら日本人の名前見ても男女区別しづらいだろうけどね。私、パスポートのスキャンも送ってるのに。訂正依頼と再度パスポートのスキャンを送ったら、"thank you"との返事が。向こうからの予約確認の際には、10月3日までに発券するルールになってるから必ず返事が必要だと書いてあったけど、結局、3日中には確定されたチケットは送られてこず。ま、そんなもんでしょう。

知恵袋などで調べてみたら、性別は関係ないらしいですね!一つ賢くなりました。


追記
このポストをアップした数時間後に、やっとチケットが送られて来た。でもタイミング遅すぎてほとんどの席が既に予約済みになってるし。。。オランダまでの道のり、自腹で125ドル分上乗せして、スペースが広い席を予約するか、学生だからと慎ましく3人掛けの真ん中席で我慢するか。。。悩ましい。





posted by おおゆき at 10:59| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

留学準備〜チケットが届きません:愚痴編〜

私はこう見えて、結構心配性で、かなり前もって旅行のチケットとか買っておきたいタイプである。
留学とか、開始日が決まっているような時は、特にそういう傾向があり、あとは余裕をもって準備したほうが経済的な選択肢が多いということもあって余計に早めにチケット買うことが多い。

しかしながら、世銀の奨学金はチケットを世銀が契約している旅行会社がルールに則って最低1週間前までに用意して送ってくるという形式。1週間前って、時間なさすぎじゃね?って、正直思っていて、実際に同じ奨学金を受けた人は渡航の2週間前くらいにやっとチケットが送られてきたとも。荷物制限もわからないから準備し辛いったら。。。

ちなみに、もう既に住居となる学生寮などは手配してあって、今日はその住居の雨どいの掃除とかで今から2ヶ月くらい工事が入るので荷物をどの範囲に置かないようにとか、それとは全く別に大学から現地の友人を紹介します的なメールが来たりとか、なんだか順番が違うんじゃないか?との思いを深めたので愚痴的にポスト。
続きを読む
posted by おおゆき at 00:58| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

留学準備〜英語編

割と突発的に突き進んできた修士留学、一度社会人になってある程度歳がいってると、語学と資金が2大ハードルといっても過言ではないと思う。(もちろん、学生だって資金確保は大変だろうけど、奨学金は若い方が断然もらいやすいと思うので)

私の場合は、運良く自分が行きたいコースの英語の最低条件がそれほど高くなかったこともあって、そこまで苦労せずに必要な点数を取ることができた。でもやはり、留学を思い立ってから日本に居て英語のテストを受験できるチャンスは、本当に限られていたので、もしその限りあるチャンスの中で受けたテストがたまたま結果が悪かったとかだったら大変だったろうな。。。実際、同業者の友人で、出張の合間に試験を受けたもののスコアが足りず、入学を1年先送りにしたという人もいる。

・TOEFLかIELTSか。
20年ほど前にTOEFL受けて(まだその時は、ペーパーのみだったのでライティングもスピーキングもなし!)、理系ならそこそこの大学の修士にいけるくらいの点数を取った過去の栄光はあるものの、今のテスト方式は結構厳しいなーというのが率直な感想だったので、対面接官でスピーキングのテストが行われるIELTSを選択。身体的にも、TOEFLのテスト演習をやってると、目がかすんできて問題が最後の方読めなくなるという事態にも陥ってしまい。。。紙媒体で出来るIELTSのが目に優しかった。

ただこれはこれで、ハンドライティングで短いとは言えエッセイを書かないといけないというのは結構厳しくて、別の専門の試験(日本語で行われる)で手書きで合計1500字くらいかく練習していたおかげでようやく乗り越えられた感じ。乗り越えられたとはいえ、本当に最低限の点数しか取れていないですが。。。ま、時間に余裕をもって、常日頃からバランス良く自分の英語力を磨いておくに越したことはございません。

・点数を獲得する方法として:How to的な講習の受講
前述の通り、私は出張の合間にかろうじてテストを受けてるような状況だったので、一回受講すれば確実にXX点は上がる!みたいな英語の講習には出ていないし、自分はそういうのあまり向いてないタイプなので利用しなかったけど、人によっては目からウロコで飛躍的に点数が伸びた!という話も聞くので、どうしょうもなくなって台湾とか近隣諸国にまでテストを受けに行く羽目になる都下になる前に、投資をするのももちろんありだと思う。

月並みだけど、どっちのテストも問題のタイプによる”型”があるから、それを頭に叩き込んで、何パターンか時間制限をして書いてみて、単語や例を問題に合わせてアレンジしていくというやり方が多分、一番真っ当でそこそこの点数が取れる方法なのではないかと思う。

ただの愚痴だけど、年取ると物覚えも頭の回転もやはり昔よりは衰えてきてしまって、時間制限があってある程度量をこなさないといけないっていうテストが本当に辛い。そういう点からすると、留学するタイミングは早い方がいいんだろうなー。


posted by おおゆき at 19:04| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダへの留学準備

今まで、カナダ、フランスと学生用の査証を取得しないといけない期間滞在した経験があり、今回は3カ国目の長期滞在。オランダも査証取得するのかな。。。と思っていたら意外や意外、在日大使館もしくは領事館での手続きは不要とのこと。3ヶ月以内の一般渡航に査証が不要な日本人を含む国籍の学生は、渡航前に学校が手続きをしてくれていて、学校が発行する書類を持って市役所に行けば滞在許可証がもらえるらしい。

その代わり大学に
・最終学歴の卒業/修了証明書と成績証明書
・滞在許可申請書
の原本を郵送しなければならない。

その時に色々調べた結果、オランダの郵便事情はあまり良くないため、多少痛手にはなるもののDHLやFedexなどの国際宅配サービスを利用するのがいいとのこと。今まで仕事で送ったりしたことはあったけど、自費で、5000円とかで送るのは、やはりちょっと痛い出費だった。
ただ、無駄にいろんな場所を経由していく荷物の行方を逐次チェックするのはそれはそれで楽しかったかな。
posted by おおゆき at 00:51| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

奨学金

どこかに書いてあるかもしれないけど、大抵の奨学金は35歳程度までという制限を設けていることが多い。
入学の時点で40歳を超える年齢で留学をしようと思うと、申請できる奨学金はかなり限られてくる。私の場合は、ラッキーなことに行きたい研究所・コースのための奨学金が応募可能なものは2種類あり、両方応募していたところ先に結果の出た世銀:World Bankと日本政府出資金による奨学金を得ることができた。


ちなみに、もう一つはロータリー財団の奨学金、こちらは制限年齢はない(はず)。

今まで、公共事業や政府の対外援助に関わってきた自分の給料は全て税金からきているし、国立大学に行かせてもらって授業料よりも相当な研究予算を使わせてもらった身として、自費で行けるのであれば何も奨学金をもらわなくても。。。と言う気持ちもあった。
しかし、背に腹は変えられないということで、応募させていただきました。

でも本当に、こうやって篩にかけるのか?というくらい色々な提出書類が必要。
興味のある方はぜひ、リンク先をみてみてください。

ーーーーーーー

因みに、奨学金を申請・取得しても場合によっては留学資金全てがカバーされない場合等があるので、そういう時は学資ローンという選択肢もあります。学資ローン、使ったことはないけど低金利で借りることが出来るということと、会社勤めであれば割と審査が通りやすいらしいので、会社を辞めて留学するつもりの人は辞める前に申請・確保がいいらしいです。




posted by おおゆき at 00:23| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

資金確保

いきなりかい!ってかんじですけども、留学する時のお金の話について。
去年末で前職を辞め、細々と働いている今の状況で、去年の収入で決められる地方税の請求が週末に届き。。。今の自分にはかなり痛い出費だったので、ふとこんなポストを書いてみようと思います。
それと、私自身は今まで何度か海外赴任をしたり、休職したりしてきたので、大体の手続きを知っていたけれども一応まとめておこうかと。

<留学資金>
留学に必要な資金は主に、
・出発前に必要なお金:渡航費(航空券、電車賃など)、海外留学保険
・現地で必要なお金:授業料、滞在費(家賃や食費など)、教材費、留学先で行く娯楽費(旅行費、外食代)など。
・不在時に日本で必要なお金:地方税、家持であれば固定資産税
などがあり、それぞれ金額は違うにしてもざっとこんな項目。

<資金源>
開発に限った話で行くと、特定分野に一定の奨学金を準備してくれている財団などもあるが、私自身は留学を決めたタイミングが遅かったために選択肢が限られていたので、現在申請中。ダメなら全部自費。と思っている。
よく聞く奨学金は、
・ロータリー財団(以前のように芸術分野に対する奨学金は無くなってしまったみたいだけども、年齢制限なく先行してくれる)
・世界銀行(すごく少数だけども。。。)
・JICA海外長期研修制度(厳密に言うと奨学金ではないけれど、分野や条件が合致すれば色々な費用をカバーしてくれる。)
・笹川記念財団(プログラム限定で、英語のコースから全て出してもらえる)

全て自己資金で行くなら学資ローンなどもあり、会社を辞めて留学する人は在職中であれば割とすんなりかしてもらえるとの話あり。

以外に痛い出費となるのが自分が不在時の地方税や国民年金(年金は海外にいる人は支払い任意)で、家族等にお願いできない場合は、銀行振替にするなり自分が国内にいない間になんとかなるようにしておかないと税金滞納になってしまう。
posted by おおゆき at 00:23| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする