2017年01月16日

40にして惑わず?

まだ40にはなっていませんが。

最近、転職だったり、留学準備だったり、自分の経験や今後どう生きていきたいのかを考え直したり、たまたまみたドラマや映画で深く考えさせられたりということがあったので忘れないように記しておこうと思う。

今まで結構転職してきて(大学をでてから同じ社内の異動も含めたら2年サイクルくらいもしくはそれ以下の期間の契約も含んで8回職場が変わっている。)その途中に語学留学など挟んできた。どんな仕事でも自分はここに居るべきじゃないという気がしていた。アフリカやヨーロッパで生活している時には、現地での生活に慣れてしまうと残業や休日出勤、会社の命令で出張で飛び回る様なやり方では働き続けることはできないと思ったし、日本にいれば出張で外に行きたい気持ちになり、出張が続くと帰りたくなる。そんな繰り返しだったように思う。これって、自分が怠け者だからなのだろうか。。。うーん、否定できない。

ただ、ずっと思っていたのは、働くということのイメージを持っていなかった大学時代に選んだ専攻ではなくて、自分がずっとやりたいと思っていたことをきちんと勉強してみたいということ。
これだけは、高校生くらいの頃から思っていた。

それがいよいよ、実現出来そうになってきた。2017年秋より、オランダにて。
年始に応募書類を出したらかなりすぐに合格通知をもらい、あとは奨学金を探すだけという段階。
幸いなことに、類友というか留学している友人が結構いるので、応募書類の参考例などかなりいろいろと入手しやすかったけれども、合格通知をもらえるまでは本当に大学に行けるのか正直不安だったので、これから留学を考えている方の参考になればと、細々と備忘録も兼ねてここに記録していこうと思う。



posted by おおゆき at 00:51| Comment(0) | 修士留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする