2010年12月21日

出発までカウントダウンできない。。。

いよいよあと数時間で離陸!と思って暗くなったくらいからカウントダウンしていたのだが、空港に着いたらなんだか異様な雰囲気が漂っており。
フライトが4時間か5時間くらい遅れるため、パリでトランジットの人は発券に時間がかかりますとのこと。
いや、ここに来ている人で、パリ直帰の人の方が少ないだろう?
なんだか今日は、英語圏の人が多いっぽくて、カウンターのブルキナ人と英語しか話さない人たちの格闘もすさまじい。
こういう時、中年の女性はひたすら強く、自己主張、抗議をし、
男性陣はどの年代も割とあきらめ顔。
若い女性はそれほど気に病むことも無くとりあえず待っている。

空港が老若男女様々な思いが錯綜するステージと化している。

私は今までラッキーなことに、国際線で大きな遅れを経験したことがあまり無かったのだけど

「災害は、忘れた頃にやってくる。」

ってやつですな。
今回は、離陸の時間も計算に入れて最後にビール飲んだりしたんだけど、
トイレもあまり無い待合ロビーでこれから何時間缶詰にされるのだろうか。

一つ新しい発見は、空港で無線ランが使えるということ。
不幸中の幸いともいいましょうか。
パソコンの電源が持つ限りはなんとか気分転換出来そうな気配。
posted by おおゆき at 07:42| Comment(0) | ブルキナファソにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする